キレイ・ナビ(輝く女性の為に)

猫の食べるエサについて

猫の体に良くない添加物が多く含まれているというケースは多くあります。
私たち人間でも、食品添加物が入っている食品をできるだけ避けたいと
思いますが、なかなかそうはいかなくて食べてしまうこともあります。
でも猫の場合、毎日同じエサを与えますので、毎日添加物を摂取してしまうことに
なります。そこで、猫のエサを購入する場合には、多少高くても添加物の配合されていない
エサをおすすめします。添加物の入っていないエサは確かに高いですが、病気になって
病院にかかる費用を考えれば安いと思いますし、何より長生きしてほしければ
食べ物に気をつけてあげるのが一番です。最近は猫のエサを自分で作る飼い主さんもいます。

 

長生きして欲しいならせめて無添加のキャットフードを選んであげたいところです。
実際、添加物がてんこもりのキャットフード、かなり多いようですよ。

 

参照:キャットフード おすすめナビ|安全で食いつきの良いフードの選び方

猫の好みとコスパを重視してキャットフードを選ぶ

 キャットフード選びに頭を悩ませる飼い主は決して少なくないですが、まず考えたいのは猫が何を好みにしているのかということです。一言に猫といってもその好き嫌いにはそれぞれ個体差がありますので、それをまずは探っていかなければなりません。
 ただ、そこで考慮しなければいけないのはキャットフードのコスパについてです。キャットフードもタダではないのですから、経済的な余裕が持てる範囲で買っていかなければならないです。1度高いキャットフードを食べさせてそればかりを猫が要求するようになってしまったら困ります。ですので、まずは価格が安くてお手頃なキャットフードから買っていったほうが良いです。
 また、通販などを利用してまとめ買いをするというのもお得です。通販なら各種ポイントが貯まったりもしますし、クレジットカード払いにすればとても経済的です。ですので、キャットフード選びは猫の好みとコスパを重視し、長く使い続けられる物を優先的に選んだほうが良いのです。

飼い主の心猫知らずな食事情

程よく水分をとれて新鮮で、高たんぱく低カロリーでと、最近のウェットタイプのキャットフードはかなり質のいいものが販売されているようですね。至る所で評判を聞くにつれ、シニア世代に差し掛かった我が家の猫の健康管理にも、こういった食生活が理想的なのではと考えるようになりました。

 

そこで試しにと、ウェットキャットフードの中でも人気の高い商品をネットから取り寄せてみたのですが、どうも愛猫の反応がよろしくなく戸惑っています。ネット上にあげられている購入者レビューでは食いつきが全く違ったと評されていますし、猫はより新鮮な食べ物を好むと聞いていたので、喜んで食べてくれるかと思いきや、我が家の猫はどうもその新鮮さが気に入らないようなのです。最初こそ興味津々といった食べることに積極的な姿勢を見せていたものの、すぐに食いつきが悪くなり、今まで食べていたドライフードを催促するような素振りさえしています。

 

少量ずつ混ぜて与えても、ウェットフードの部分だけきれいに残してしまいますし、どうも我が猫の嗜好は一般的な猫達のそれと違うようですね。せっかく体に良い食事をと思っているのに、まったく飼い主の心猫知らずといった感じですが、仕方がないのでドライフードで質のよいものを探してみるつもりです。

酵素ドリンクは、実は自宅でも簡単に手作りすることができます。
酵素ドリンクのもととなるシロップを作るには、そのときの旬の野菜や果物を合計1キロ用意します。
彩り楽しい夏野菜の時期なら、トマト、ナス、スイカ、レモン、オレンジなど。
なお、にんにくや玉ねぎなど、匂いの強いものはあまり向いていません。それぞれの素材を5ミリくらいの厚さに刻み、白砂糖1キロとともによく混ぜながら保存瓶に詰めます。
ふたを少し開け、室温20〜25℃の部屋に直射日光を避けて2週間ほど放置。
必ず1日1回かき混ぜるのがポイントです。
染み出した水分から細かな泡が立ったら発酵完了。
ざるなどで濾して完成です。
簡単にできる酵素ドリンク、ぜひお試しあれ。